われわれ人間は、眼や耳などの感覚器でとらえた信号から外部世界を知覚し、理解し、その理解に基づいて周りの世界や人々とのコミュニケーションをおこなっています。本研究室では、このような人間の認知コミュニケーション能力を支える脳の情報処理の仕組みを、心理物理実験や脳機能活動計測などの手法を用いて研究します。さらに、その認知脳科学的な知見を、情報コミュニケーション技術(ICT)の開発につなげます。

What's New

・ 「認知情報学」に分野名称変更しました (2019/6/1)
・ 西田眞也教授が着任しました (2019/4/1)


過去の一覧   

ページトップへ

認知情報学分野

Copyright (C) Cognitive Informatics Lab All Rights Reserved.