脳の情報処理メカニズムの理解にむけて

「人工知能」の新たな設計原理を提供することを目的として,人間の脳の情報処理メカニズムを研究しています.特に汎用人工知能を実現するためには「脳型知能」の設計が必要不可欠であるとの思いから,脳の情報処理の根本原理を解明することを目的としています.このために,脳がどのようにして情報処理システムを実装しているのかを解明するレベル(実装レベル)での研究をすすめています.脳の情報処理システムを実装する神経基盤の有力候補として,神経の振動的な電気活動(神経リズム)に注目することで,脳内での部位間の動的な情報伝達や,脳間の情報伝達,つまりコミュニケーションを対象とした研究をおこなっています.そのために,脳波やfMRI,さらには二人の脳波の同時記録(ハイパースキャン)などの手法を用いた脳計測実験を実施しています.さらに,脳データの新たな解析技術を開発することで,脳情報処理の根本原理の解明を目指します.特に空間分解能に優れたfMRIと時間分解能に優れた脳波を同時計測することで,高い時空間分解能で脳の情報処理メカニズムを検証する手法の開発をおこなってきており,世界的に高い評価を得ています.これらの脳計測技術に加えて,TMSなど脳活動を操作する手法も取り入れて,脳の情報処理の根本原理の理解をすすめていきます.

What's New

・ 博士後期課程の樋田が高大連携活動のイベント「学びのフロンティア2018」に登壇しました。 (2018/11/1)
言語理解の脳ネットワークに関する研究がeNeuro誌に掲載されました (2018/10/31)
瞑想中の脳ネットワークに関する研究がScientific Reports誌に掲載されました (2018/7/6)
入試説明会を平成30年5月12日(土)に開催します (2018/4/13)
音声と脳波の引き込みに関する研究がPLoS Comput Biol誌に掲載されました (2018/1/17)
学生募集に関するページを新設しました (2017/10/13)
新メンバー加入にともないメンバーの情報を更新しました (2017/10/2)
音声知覚の脳メカニズムに関する研究がPLoS ONE誌に掲載されました (2017/8/17)

過去の一覧   

ページトップへ

認知コミュニケーション分野

Copyright (C) Cognitive Communication Lab All Rights Reserved.